Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラポイント、内部統制に活用できるメールアーカイブアプライアンスを発表

ミラポイントジャパンは、メールのアーカイブに特化したアプライアンス「Mirapoint ComplianceVault」シリーズを発表した。

同製品は、企業のポリシーに沿ってメールの送受信履歴を保存できるアプライアンス。一度記録したデータが変更できないWORM(Write Once Read Many)仕様となっており、内部統制や監査時の証拠としてメールを保存できる。

メールは、データを中継する際の保存やPOPやIMAPなどメッセージボックスへアクセスするアドオンなど、柔軟にメッセージを取得できる。また、復旧を目的としたバックアップ製品と異なり、件名や利用者、本文はもちろん、類似検索やあいまい検索にも対応する「検索ログ監査機能」を搭載。さらに監査時などに利用できるデータのエクスポート機能を装備。256bit暗号化によるWORMに対応したテープドライブなどへ保存することもできる。

同社プロダクトマネージャーの徳久賢二氏によれば、米国では、SOX法だけでなく、米証券取引法など個別法により通信記録の保存が求められているが、法律の準拠といった目的は28%程度で、内部統制やポリシー管理などを目的にとして導入されるケースが多々あるという。

今回発売するラインナップは、1Tバイトのストレージを搭載し、RAID 0で動作するエントリーモデル「Mirapoint ComplianceVault MCV100(430万円)」と3.7Tバイトのストレージを搭載し、RAID 5で動作するミッドレンジモデル「Mirapoint ComplianceVault MCV370(価格未定)」を用意。MCV100は本日、MCV370は11月に出荷を開始する予定で、今後はさらに大量のデータを保存できるモデルを発表する予定。


Mirapoint ComplianceVault MCV100

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート