Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審なリンクをアクセスせずに検査 - ネットフォレストが無償ツール

ネットフォレストは、リンク先にマルウェアといった脅威がないか事前に確認できる無償セキュリティツール「Dr.WEB リンクチェッカー」を提供開始した。

同ツールは、リンク先へアクセスせずにウイルスなどの脅威がないか確認できるもの。サーバ側で確認を行うため、ウイルス対策ソフトをインストールする必要なく、ブラウザにプラグインをインストールするか、あるいは設定を変更するだけで利用できる。

具体的には、安全性を確認したいリンク上で右クリックすると、「Dr.WEBで検査」メニューが表示される。それを選択すると、Dr.WEBサーバへURLが送付され、サーバ上でチェックが行われる。ユーザーには結果がフィードバックされるため、アクセスしなくても脅威があるかあらかじめ知ることができる。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も