Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審なリンクをアクセスせずに検査 - ネットフォレストが無償ツール

ネットフォレストは、リンク先にマルウェアといった脅威がないか事前に確認できる無償セキュリティツール「Dr.WEB リンクチェッカー」を提供開始した。

同ツールは、リンク先へアクセスせずにウイルスなどの脅威がないか確認できるもの。サーバ側で確認を行うため、ウイルス対策ソフトをインストールする必要なく、ブラウザにプラグインをインストールするか、あるいは設定を変更するだけで利用できる。

具体的には、安全性を確認したいリンク上で右クリックすると、「Dr.WEBで検査」メニューが表示される。それを選択すると、Dr.WEBサーバへURLが送付され、サーバ上でチェックが行われる。ユーザーには結果がフィードバックされるため、アクセスしなくても脅威があるかあらかじめ知ることができる。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート