Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USB接続のHDDからWindowsを起動可能にするソフトの最新版 - アーク情報システム

アーク情報システムは、外付けハードディスクへコピーしたWindowsの起動を可能にするソフトの最新版「BOOT革命/USB Ver.2」を、10月6日より発売する。

同製品は、WindowsをUSB接続の外付けハードディスクへシステムごとコピーし、外付けハードディスクより起動可能にするソフトウェア。

最新バージョンでは、セキュリティ機能が強化された。コピーしたハードディスクからOSを起動する際のパスワード入力や、NTFSの暗号化に対応。これらの機能により、ハードディスクの紛失、盗難が発生してもデータの流出を防ぐことができる。

また、従来製品では1台しか接続できなかったが、同製品では最大4台のハードディスクを繋いだままで起動の切り替えができる機能が追加された。価格は、スタンダード版が1万2390円。パーティションソフト「HD 革命/Partition Lite Ver.1」を同梱したプロ版が1万5540円。

(Security NEXT - 2006/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を