Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西京銀行、顧客情報記載の書類を保管箱ごと紛失

西京銀行は、岩国支店において顧客情報最大約1万件が記載された受取書綴りを、収納していた保管箱ごと紛失したと発表した。

所在不明となっている書類は、2001年度から2002年度に使用した受取書発行控、および発行済受取書。氏名、取引種類、通帳、証書などの区分表記といった顧客情報が、最大約1万件含まれていたという。

同行が2月14日に保管書類の自主点検を実施した際、複数の保管箱の紛失が判明。同行では、ほかの不要書類と誤廃棄したと結論付けている。

また同行では、5月11日に顧客1名の氏名、住所、生年月日を含む書類をファックスにて送付する際、操作ミスにより誤送信する事故が発生したことを明らかにした。書類は回収済みで、対象顧客には謝罪したという。同行では、顧客情報の管理体制をさらに強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD