Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西京銀行、顧客情報記載の書類を保管箱ごと紛失

西京銀行は、岩国支店において顧客情報最大約1万件が記載された受取書綴りを、収納していた保管箱ごと紛失したと発表した。

所在不明となっている書類は、2001年度から2002年度に使用した受取書発行控、および発行済受取書。氏名、取引種類、通帳、証書などの区分表記といった顧客情報が、最大約1万件含まれていたという。

同行が2月14日に保管書類の自主点検を実施した際、複数の保管箱の紛失が判明。同行では、ほかの不要書類と誤廃棄したと結論付けている。

また同行では、5月11日に顧客1名の氏名、住所、生年月日を含む書類をファックスにて送付する際、操作ミスにより誤送信する事故が発生したことを明らかにした。書類は回収済みで、対象顧客には謝罪したという。同行では、顧客情報の管理体制をさらに強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出