Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CWAT」のメジャーバージョンアップは来年1月 - インテリジェントウェイブ

インテリジェントウェイブは、内部情報漏洩対策システム「CWAT」の次期新製品を2006年2月に出荷すると発表した。

次期バージョンのコードネームは「Skybean」で、2003年9月にリリースされた「CWAT」のメジャーアップデートとなる予定。行動追跡型の特異挙動検知エンジンを搭載する予定で、クライアントPCの不審な挙動の検知、防止を実現するとしている。

また、複数言語混在環境における一元監視や点在するクライアント上の個人情報を児童検知する機能や、操作制限機能などを提供する見込み。また、オープンなプラットフォームを提供し、同製品以外のシステムと連携を実現するという。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録