Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まん延する「Netsky」、検出数の約8割 - IPA

情報処理推進機構は、9月のウイルスや不正アクセスの届け出状況を公表した。

ウイルスは、8月より4.2%ほど減少し、約323万個の検出を記録し、4723件の届け出があった。「Netsky」が総検出数の約8割を占め、「Mytob」があとに続いた。総検出数の減少は、これらウイルスの減少が影響したためだとしている。

同機構では、大量に見つかっている「Netsky」やPCを乗っ取り、スパムの踏み台などに利用されるボットが広がっているとして注意を促している。

一方、不正アクセスの届け出は31件で、約半数にあたる16件で被害が発生した。被害としては、侵入が8件ともっとも多く、ワーム、DoS攻撃、アドレス詐称がそれぞれ2件だった。また、相談件数も30件が寄せられ、16件で被害が発生している。

(Security NEXT - 2005/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道