Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まん延する「Netsky」、検出数の約8割 - IPA

情報処理推進機構は、9月のウイルスや不正アクセスの届け出状況を公表した。

ウイルスは、8月より4.2%ほど減少し、約323万個の検出を記録し、4723件の届け出があった。「Netsky」が総検出数の約8割を占め、「Mytob」があとに続いた。総検出数の減少は、これらウイルスの減少が影響したためだとしている。

同機構では、大量に見つかっている「Netsky」やPCを乗っ取り、スパムの踏み台などに利用されるボットが広がっているとして注意を促している。

一方、不正アクセスの届け出は31件で、約半数にあたる16件で被害が発生した。被害としては、侵入が8件ともっとも多く、ワーム、DoS攻撃、アドレス詐称がそれぞれ2件だった。また、相談件数も30件が寄せられ、16件で被害が発生している。

(Security NEXT - 2005/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館