Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根県立松江東高校、職員室で36名分の生徒カードを紛失

島根県は、県立松江東高等学校において、2年生36名分の個人情報や顔写真が含まれる生徒カードの紛失が判明したと発表した。

紛失した生徒カードには、生徒の氏名、住所、保護者の氏名、電話番号、緊急連絡先のほか、生徒の顔写真も含まれている。同カードは教員が常駐する職員室の机上本立てに置かれており、はっきりとした紛失日時は明らかになっておらず、9月9日夜から15日朝までの間になくなっていたという。

同校では警察に届け出るとともに、校長から全職員に対し、生徒カードなど個人情報の厳重な管理と保管を指導。県教育委員会では、全県立学校長に対し、個人情報の適正な管理を徹底するよう改めて通知した。

さらに、全ての保護者に対し家庭訪問、あるいは電話にて謝罪。全校集会を開いた上で生徒へ事態を報告し、保護者宛の謝罪文を配布した。

(Security NEXT - 2005/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール