Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年上半期のサイバー犯罪は前年同期比約52%の増加 - 警察庁

警察庁は、サイバー犯罪の検挙件数を発表した。同庁のまとめによれば、サイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)の検挙件数は1612件。前年同期の1063件から大幅に増加したことがわかった。

不正アクセス禁止法違反、コンピュータ・電磁的記録対象犯罪、ネットワーク利用犯罪をまとめたもの。不正アクセス禁止法違反は198件と前年同期から3倍に増加。ネットワーク利用犯罪も2.7倍でインターネットオークションの悪用が多いという。また児童ポルノによるものも1.4倍と増加傾向にあった。

各都道府県警察が受理した相談件数は、50479件で、前年同期から1.5倍に増加。詐欺や悪質商法、有料サイトの料金請求による相談が多かった。またオークションのトラブルも目立った。

(Security NEXT - 2005/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース