Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人が個人情報漏洩が怖くて使用済み端末を処分せずに保有 - TCA調査

電気通信事業者協会(TCA)と情報通信ネットワーク協会(CIAJ)は、携帯電話やPHS端末のリサイクル取り組み状況について調査を実施し、結果を公表した。

同調査によれば、古い端末を「店に引き取ってもらった」という回答は24%に留まり、4人に3人が端末を自宅へ持ち帰っている。

処分せずに保有する人も多く、なぜ処分せずに保有しているのかとの質問に対しては、コレクションとの回答が29.9%とトップだったが、「個人情報が漏れるのが心配」との回答も24.4%と高い割合を示し、個人情報保護の高まりを反映する結果になったという。

TCAと携帯通信事業者は、2001年4月からサービス提供事業者や製造メーカーに関係なく、端末本体や電池、充電器を自主回収している。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック