Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三光純薬、個人情報2万件が保存されたPCが盗難 - 回収PCに不正アクセスの形跡

三光純薬は、5月8日から9日にかけて営業車から2万3444名分の個人情報が保存された業務用パソコンが盗まれたと発表した。

保存されていた個人情報は、2万3444名分の顧客、取引先、同社および関連会社の従業員に関する氏名、所属施設、企業名など。そのうち296件には自宅住所および電話番号も含まれていた。

同社によれば、被害に遭ったパソコンは、5月15日に都内で遺棄されているのが発見。保存情報についてアクセスの有無を調査したところ、4394名分に第三者によるアクセスの形跡が見つかったという。

同社では、アクセスの形跡および自宅住所と電話番号が記録されていた被害者に対し、事情を説明し、謝罪しているという。また再発防止に向け、従業員の教育や社内管理体制の整備を一層強化するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず