Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ対策の傾向と対策をまとめる

情報処理推進機構は、「コンピュータ・セキュリティ ?2004年の傾向と今後の対策?」と題した資料をまとめ、公開した。

同資料は、コンピュータ・セキュリティ検討会が、一般利用者や管理者に対し、2004年のセキュリティ状況を踏まえ、代表的なセュリティ上の脅威や対策方法を検討しまとめたもの。

2004年は、脆弱性自体を攻撃対象とした従来の手法だけでなく、なりすましや詐欺などソフトウェアを利用する人を対象とした攻撃がより増加したという。特に目立ったのが「bot」「コンピュータウイルス」「フィッシング詐欺」など、一般利用者を直接ターゲットとするものが増加したという。

同検討会には、IPA、JPCERTコーディネーションセンター、電子情報技術産業協会、日本パーソナルコンピュータソフトウエア協会、情報サービス産業協会、日本ネットワークセキュリティ協会の関係者をはじめ、情報セキュリティの研究者、実務担当者が参加している。

リリース
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/20050331_trend2004.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中