Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターにバッファオーバーフローの脆弱性 - トレンドマイクロがアップデータを公開

トレンドマイクロは、同社製品「ウイルスバスター」をはじめ、一連の製品にバッファオーバーフローの可能性があるとして、アップデータを公開した。

検索エンジンの不具合で、ARJファイルの検索処理において、アーカイブ内の長いファイル名を持つファイルを扱う際、バッファオーバフローの問題が発生する可能性があるという。脆弱性を回避するため、同社では検索エンジンをVSAPI 7.510 以上にアップグレードするようアナウンスしている。

対象となる製品は、「ウイルスバスター」 「ウイルスバスター コーポレートエディション」「Trend Micro Client/Server Security」「ServerProtect」「ServerProtect for Network Appliance filers」「ServerProtect for EMC Celerra」「ServerProtect for Linux」「Portalprotect for Microsoft SharePoint Portal Server」「InterScan for Microsoft Exchange」「InterScan for Domino / Lotus Notes」「InterScan VirusWall for Windows」「InterScan VirusWall for Unix」「InterScan Messaging Security Suite」「InterScan Web Security Suite」「InterScan WebProtect」の15製品。

リリース
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=652

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

関連記事:トレンドマイクロ、ウイルスバスター2005ダウンロード版限定のキャンペーンを実施
http://www.security-next.com/001410.html

関連記事:「不審メールにご用心」 - トレンドマイクロが1月度ウイルス感染被害レポートを公表
http://www.security-next.com/001378.html

関連記事:横河キューアンドエーとトレンドマイクロ、認定資格スタッフによるウイルス駆除訪問サポートを展開
http://www.security-next.com/001268.html

関連記事:トレンドマイクロ、2004年度のウイルス感染被害レポートを発表
http://www.security-next.com/001177.html

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛