Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターにバッファオーバーフローの脆弱性 - トレンドマイクロがアップデータを公開

トレンドマイクロは、同社製品「ウイルスバスター」をはじめ、一連の製品にバッファオーバーフローの可能性があるとして、アップデータを公開した。

検索エンジンの不具合で、ARJファイルの検索処理において、アーカイブ内の長いファイル名を持つファイルを扱う際、バッファオーバフローの問題が発生する可能性があるという。脆弱性を回避するため、同社では検索エンジンをVSAPI 7.510 以上にアップグレードするようアナウンスしている。

対象となる製品は、「ウイルスバスター」 「ウイルスバスター コーポレートエディション」「Trend Micro Client/Server Security」「ServerProtect」「ServerProtect for Network Appliance filers」「ServerProtect for EMC Celerra」「ServerProtect for Linux」「Portalprotect for Microsoft SharePoint Portal Server」「InterScan for Microsoft Exchange」「InterScan for Domino / Lotus Notes」「InterScan VirusWall for Windows」「InterScan VirusWall for Unix」「InterScan Messaging Security Suite」「InterScan Web Security Suite」「InterScan WebProtect」の15製品。

リリース
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=652

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

関連記事:トレンドマイクロ、ウイルスバスター2005ダウンロード版限定のキャンペーンを実施
http://www.security-next.com/001410.html

関連記事:「不審メールにご用心」 - トレンドマイクロが1月度ウイルス感染被害レポートを公表
http://www.security-next.com/001378.html

関連記事:横河キューアンドエーとトレンドマイクロ、認定資格スタッフによるウイルス駆除訪問サポートを展開
http://www.security-next.com/001268.html

関連記事:トレンドマイクロ、2004年度のウイルス感染被害レポートを発表
http://www.security-next.com/001177.html

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響