Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プリペイド式携帯電話により身元隠蔽 - 摘発海賊版販売業者

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、兵庫県警は2月21日、ホームページ上で海賊版ソフトを販売していた大阪市の男性2名を著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性らはホームページを開設し、2005年8月から12月までの間にコンピュータ用ソフトウェアを無断で複製し、1タイトルあたり3000円?3万円で販売していたという。家宅捜索の結果、CD-Rやプリペイド携帯電話などが押収された。

今回の事件では、IPアドレスにより身元が判明しないよう、プリペイド式携帯電話によりメールのやりとりが行われていた。今回、告訴したソフトウェア会社は、アドビシステムズ、オートデスク、ジャストシステム、ビー・エイチ・エー、マイクロソフトの5社。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

関連記事:NTTドコモ、プリペイド式携帯電話の新規申込み受付を終了
http://www.security-next.com/001429.html

関連記事:プリペイド携帯の本人確認徹底へ
http://www.security-next.com/001081.html

関連記事:オレオレ詐欺の裏にプリペイド携帯電話の影
http://www.security-next.com/000721.html

関連記事:KDDI、プリペイド携帯販売時の本人確認を徹底
http://www.security-next.com/000552.html

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意