Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プリペイド式携帯電話により身元隠蔽 - 摘発海賊版販売業者

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、兵庫県警は2月21日、ホームページ上で海賊版ソフトを販売していた大阪市の男性2名を著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性らはホームページを開設し、2005年8月から12月までの間にコンピュータ用ソフトウェアを無断で複製し、1タイトルあたり3000円?3万円で販売していたという。家宅捜索の結果、CD-Rやプリペイド携帯電話などが押収された。

今回の事件では、IPアドレスにより身元が判明しないよう、プリペイド式携帯電話によりメールのやりとりが行われていた。今回、告訴したソフトウェア会社は、アドビシステムズ、オートデスク、ジャストシステム、ビー・エイチ・エー、マイクロソフトの5社。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

関連記事:NTTドコモ、プリペイド式携帯電話の新規申込み受付を終了
http://www.security-next.com/001429.html

関連記事:プリペイド携帯の本人確認徹底へ
http://www.security-next.com/001081.html

関連記事:オレオレ詐欺の裏にプリペイド携帯電話の影
http://www.security-next.com/000721.html

関連記事:KDDI、プリペイド携帯販売時の本人確認を徹底
http://www.security-next.com/000552.html

(Security NEXT - 2005/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)