Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友信託銀、外勤者に指紋認証機能などを搭載した携帯端末を配布

住友信託銀行は、外勤者向けに指紋認証機能などセキュリティ機能を備えた携帯端末を3月より全店で導入すると発表した。個人情報流出を防止するのがねらいで、担当者1人当り1台、導入当初は全国で約700台を3月中に配布する予定。同行によれば、「邦銀初の試み」だという。

同端末は、指紋認証によるログイン機能、データの暗号化、データの自動消滅機能などセキュリティ機能を搭載。同行では、外勤時に端末を紛失したり盗難被害に遭った場合でも、第三者へ個人顧客情報の流出が防げるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性