Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「端末の閲覧履歴なかった」 - 第一生命、紛失した個人情報入り端末と書類を回収

第一生命保険は、1月15日に同社仙台総合支社において個人情報の記された書類および携帯端末の紛失事故があったと発表していたが、1月25日に同市内にて回収したと発表した。

今回回収された書類には、同社顧客情報777件分や、アメリカンファミリー生命保険の顧客リスト14名分、損保ジャパンの顧客情報5名分が含まれていた。また、携帯端末と書類と合わせてのべ1897名分が含まれていた。

同社は、携帯端末に関して、2重のパスワードを設定、暗号化などが処置を講じていたとし、解析した結果、閲覧した履歴がなかったと確認したという。また、第三者による個人情報の不正利用が行われた形跡もないとしている。

(Security NEXT - 2005/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み