Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策の自動化で負担と被害を抑制 - 日立情報システムズ

日立情報システムズは、社内ネットワークへのウイルス侵入や内部情報漏洩、盗聴などを検知し、自動的に被害拡大を阻止するセキュリティ対策ソフトウェア「SHIELD/ExLink」を発売した。

同ソフトは、ネットワークの構成変更や専用のクライアントアプリケーションを必要とせず、各種セキュリティ製品と連携させ、対策の自動実行を可能にするもの。セキュリティ脅威が発生した場合、管理者による状況確認や判断を介することなく、自動処理して即時に対策を実行するため、被害の拡大を防ぐことができる。

同ソフトと各種セキュリティ製品との連携により、ウイルス対策の自動化、社内ネットワークへのアクセス制限および盗聴防止などが可能。連携する各種ソフトウェアは、2005年3月より発売予定となっている。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性