Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あいおい損保で個人情報945名分を保存したパソコンが盗難

あいおい損保は、10月20日から21日までの間に愛知県西春日井郡豊山町で同社社員および販売代理店の業務用自家用車が車上荒らしに遭い、個人情報945名分を保存したパソコンが盗難被害に遭ったと発表した。

パソコンには、氏名、住所、電話番号、生年月日、契約内容など、945名分の個人情報が保存されていた。その中にはあいおい生命の顧客データ43名分が含まれる。パソコンにはパスワードがかけてあったとしている。また、同パソコンにおけるアクセスIDを消去したとしている。

同社は、盗難が確認された21 日の朝に愛知県西枇杷島警察署に被害を届け出ている。同社では関連する顧客に対し、個別に経緯を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2004/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い