Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフトで情報が漏洩 - 陸上自衛隊

陸上自衛隊の隊員名簿や訓練計画がインターネットを通じて漏洩し、防衛庁は事件の原因となった隊員を減給処分していたことが明らかになった。毎日新聞の報道によれば、200種類を越える文章が、現在も閲覧可能の状態で放置されているという。

防衛庁によれば、2002年2月に隊員が自宅において「教育訓練実施計画」や「中隊総員名簿」などを関係書類を作成中、ファイル交換ソフト「Winny」を使用、その際約10種類のデータを流出させたという。

今回の流出は、他の隊員の指摘により発覚した。その後、問題の自衛官に対し減給処分を行い、パソコン管理の徹底を通達したという。

毎日新聞の報道によれば、同新聞が調査を実施したところ、内部機密文章200種類以上が「Winny」により閲覧できる状態で放置されているという。

(Security NEXT - 2004/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所