Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフトで情報が漏洩 - 陸上自衛隊

陸上自衛隊の隊員名簿や訓練計画がインターネットを通じて漏洩し、防衛庁は事件の原因となった隊員を減給処分していたことが明らかになった。毎日新聞の報道によれば、200種類を越える文章が、現在も閲覧可能の状態で放置されているという。

防衛庁によれば、2002年2月に隊員が自宅において「教育訓練実施計画」や「中隊総員名簿」などを関係書類を作成中、ファイル交換ソフト「Winny」を使用、その際約10種類のデータを流出させたという。

今回の流出は、他の隊員の指摘により発覚した。その後、問題の自衛官に対し減給処分を行い、パソコン管理の徹底を通達したという。

毎日新聞の報道によれば、同新聞が調査を実施したところ、内部機密文章200種類以上が「Winny」により閲覧できる状態で放置されているという。

(Security NEXT - 2004/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開
就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定