Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、MS&ADインターリスク総研、ベライゾンジャパンは、中小企業向けサイバーリスク診断サービスを共同で開発し、提供開始した。

同サービスは、質問に回答することで、自組織のサイバーリスクにおける体制を定量的に評価するもの。情報漏洩のデータベースなどを保有するベライゾンのノウハウを活用した。

中小企業として取り組むべき項目が質問票としてまとめられており、サイバーリスクの体制について1000点満点でスコアを表示。業種別の傾向や実施すべき対策についても提示する。

簡易版については3社のウェブサイトから無償で利用することができる。

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック