Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド

ソースポッドは、一般に公開され利用可能な情報からアカウント情報の漏洩を調査するサービス「SPC Leak Detection」の機能強化を図り、提供を開始した。

同サービスは、ダークウェブを含む世界中の公開情報から収集した情報をもとに、IDやパスワードが漏洩していないか調査し、漏洩している場合は管理者および対象ユーザーに通知するサービス。

今回の機能強化では、漏洩状況を把握できるダッシュボード機能や、対象者本人に通知する機能などを追加した。料金は1法人あたり月額5万円から(税別)。無料で利用できる「Academic Edition」を用意している。

(Security NEXT - 2020/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能