Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay

PayPayは、モバイル決済サービス「PayPay」のSMS認証に、入力画面が正規の画面であるか判別するための機能を追加した。

今回あらたに導入したSMS認証では、アルファベット2文字と数字4桁で構成される認証コードを使用。アルファベットは入力画面上であらかじめ表示し、SMSの認証コードに含まれるアルファベット文字列と同一であるか確認することで、正規の入力画面であるか確認する。

あわせて認証時に送信するSMSでは、同じアルファベットの文字列が入力画面上に表示されているか確認するよう促し、利用者が誤ってフィッシングサイトなどへSMS認証コードを入力することを防ぐ。同社では今回導入した認証機能について特許を出願しているという。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス