Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で

デジタル関連機器を扱うトリニティは、同社が抽選販売する「原価マスク」の当選者宛のメールで不具合が生じ、個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、5月26日深夜から翌27日未明にかけて、原価マスクの抽選販売の応募者に当選メールを送信しようとした際、不具合によりあわせて186件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送信されたもの。

本来は各メールアドレスに個別のメールを送るところ、プログラムミスにより意図せず複数のメールアドレスが宛先欄に追加され、タイマー設定のミスも重なって3度にわたって送信された。

同社では対象となる当選者に対し謝罪。問題のメールについて削除するよう依頼し、別途当選メールを送信したという。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」