Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック

ラックは、セキュリティに関する設定状況を診断することで、クラウド環境への移行を支援するサービスのメニューを強化した。

オンプレミスからクラウドへシステムの移行を進めている企業向けに「セキュリティ設定診断」として、スポットサービスから継続的なものまで3種類のサービスメニューを追加したもの。

「クラウドセキュリティ設定診断」は、IaaSやPaaSのセキュリティ設定を診断するスポットサービス。安全性の評価や対処すべき問題を報告する。「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に対応している。

また同じくスポットサービスとして、クラウド環境へ移行する「Active Directory」「ファイルサーバ」「基幹システムサーバ」などの脆弱性対応状況などを診断し、問題点を報告する「サーバセキュリティ設定診断」を用意。

さらに継続的なサービスとして、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」を活用した「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud」を提供。「IaaS」や「PaaS」の各種設定を継続的に解析。安全性の評価や対処すべき問題の報告など、セキュリティ対策を支援する。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス