Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック

ラックは、セキュリティに関する設定状況を診断することで、クラウド環境への移行を支援するサービスのメニューを強化した。

オンプレミスからクラウドへシステムの移行を進めている企業向けに「セキュリティ設定診断」として、スポットサービスから継続的なものまで3種類のサービスメニューを追加したもの。

「クラウドセキュリティ設定診断」は、IaaSやPaaSのセキュリティ設定を診断するスポットサービス。安全性の評価や対処すべき問題を報告する。「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に対応している。

また同じくスポットサービスとして、クラウド環境へ移行する「Active Directory」「ファイルサーバ」「基幹システムサーバ」などの脆弱性対応状況などを診断し、問題点を報告する「サーバセキュリティ設定診断」を用意。

さらに継続的なサービスとして、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」を活用した「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud」を提供。「IaaS」や「PaaS」の各種設定を継続的に解析。安全性の評価や対処すべき問題の報告など、セキュリティ対策を支援する。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks