Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLにリモートよりDoS攻撃受けるおそれ

「OpenSSL」において、リモートからの攻撃でサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

署名アルゴリズムを処理する拡張モジュールにおいて、NULLポインタの参照によりサービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2020-1967」が明らかとなったもの。

「同1.1.1f」「同1.1.1e」「同1.1.1d」を利用するサーバ、クライアントのいずれも影響があり、細工した署名アルゴリズムを処理するとクラッシュするおそれがあるという。

開発チームでは、同脆弱性を修正した「同1.1.1g」をリリース。利用者へアップデートするよう呼びかけている。

同脆弱性の判明を受け、マイクロソフトでは同脆弱性の調査を進めているが、「Windows」は影響を受けないと説明。Linuxの仮想マシンを実行していたり、「Azure」でOpenSSLを使用する製品をインストールしている場合は、注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起