Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、企業の4社に1社が在宅勤務やテレワークを実施しているとの調査結果を東京商工リサーチが取りまとめた。

同社が3月27日から4月5日にかけてインターネットでアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は1万7896社。

企業活動における新型コロナウイルスの影響を尋ねたところ、62.4%が回答した時点ですでに影響が出ていると答えた。回答時点で影響は出ていないものの、今後影響が出る可能性があるとの回答も35.2%にのぼる。

企業規模で見ると、資本金1億円以上の大企業では74.8%が回答した時点ですでに影響が発生。また今後影響が出る可能性がある企業は24.0%だった。一方、資本金1億円未満の中小企業や個人企業では、59.9%が影響が出ていると回答。37.4%についても今後影響が出る可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく