Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市

大阪市は、市立小学校において、図書館利用者の個人情報が保存されたハードディスクが所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、4月7日9時ごろ、職員室のロッカーに保管してあったハードディスクの所在がわからなくなっていることが判明したもの。

問題のハードディスクには、同校図書館における利用データのバックアップが保存されていた。2019年度に在籍していた全児童406人分の氏名、学年、クラス、図書の貸出記録などが含まれる。

3月31日に職員が業務終了後、ロッカーへ返却した際に異常は見られなかったという。保管していたロッカーはカギがついておらず、施錠されていなかった。

同校では2019年度在籍児童の保護者に対して、説明と謝罪を行っている。また盗難の可能性もあるとして警察へ被害届を提出する予定。

(Security NEXT - 2020/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
映画試写会応募者情報含むHDDを紛失 - 北海道文化放送
県立校生徒会室で個人情報入りHDDが所在不明に - 埼玉県
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
特別支援学校で児童情報含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク