Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が消防学校で業務データ含む私物HDDを紛失 - 板野東部消防組合

板野東部消防組合は、業務データや個人情報が保存された私物のハードディスクが所在不明となっていることを明らかにした。

同組合によれば、徳島県消防学校へ入校していた職員が、同校の宿泊棟の自主活動室で2023年12月21日夜から翌22日朝まであいだに個人で所有するハードディスクを紛失したという。

問題のハードディスクには、消防業務に関するデータ777件、契約関係のデータ241件、外部文書など68件、法令関係のデータ4件、訓練動画や研究会資料など含むその他文書データ606件が保存されていた。

そのうち、譲渡承諾書や各申請および届出書、予算要望書など86件において氏名が含まれる。また救命索発射銃譲渡承諾書1件には元職員の氏名と住所が記載されていた。

同問題を受けて警察へ被害届を提出。個人情報保護委員会に報告を行っている。

(Security NEXT - 2024/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に