Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定

情報通信研究機構(NICT)は、4月1日より人材育成プログラム「SecHack365 2020」の受講生について募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で現在延期している。

同プログラムは、人材の創出に向けて若年層を対象にセキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表を1年間継続し、モノづくりをする機会を提供する長期ハッカソン。25歳以下の学生や社会人を対象に2017年度より実施している。

2020年度の受講生は、4月1日より募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在延期となっている。

今後の予定については4月15日ごろ、同プログラムのウェブサイトで公表する予定。応募課題の参考をはじめ、募集に関する情報なども発信していくとしている。

(Security NEXT - 2020/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県