Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド

トレンドマイクロは、法人向けにSaaS型のエンドポイントセキュリティ対策サービスを3月25日より提供開始する。

今回あらたに提供開始する「Trend Micro Apex One SaaS」は、従来より法人向けに展開してきたエンドポイントセキュリティ対策製品「Trend Micro Apex One」をSaaS型サービスとして提供するもの。同社がクラウドで管理サーバを提供する。

エンドポイントにインストールするエージェントには、マルウェア対策やウェブレピュテーション、脆弱性対策、アプリケーションの制御機能などを搭載。原因の特定やインシデントを調査する機能を提供する。

また同サービスでは、クラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」との連携機能に対応。クラウドアプリケーション内で検知した脅威とエンドポイントにおける脅威を横断的に調査できる。またメールに起因した侵害の対処を行う連携機能を2020年下半期に追加する予定。

1000ライセンス購入した場合、1ライセンスあたりの年額利用料は税抜きで5990円。

(Security NEXT - 2020/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知