Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア

エフセキュアは、法人向けに使用状況に応じて月額課金を行うセキュリティサービス「F-Secure Elements」を7月1日より提供を開始する。

従来よりある年契約や毎月固定額が生じる月額課金のライセンスにくわえて、あらたなライセンス体系を追加したもの。「エンドポイント保護」「EDR」「脆弱性管理」「Microsoft 365向け保護機能」を、毎月の使用状況に応じて月額課金で提供する。

単一のエージェントを導入すれば、必要に応じて各機能を利用することが可能。ソリューション間でセキュリティイベントを共有し、クラウドのコンソール画面より、構成状況や脅威、脆弱性、イベントなどを一元管理できる。

同社ツールを導入することで、外部SIEMとの連携にも対応するほか、「EDR」において対応が困難なケースは、同社が支援するオプションも用意している。最低25ユーザーより導入することが可能で、価格はオープン。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正