Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア

エフセキュアは、法人向けに使用状況に応じて月額課金を行うセキュリティサービス「F-Secure Elements」を7月1日より提供を開始する。

従来よりある年契約や毎月固定額が生じる月額課金のライセンスにくわえて、あらたなライセンス体系を追加したもの。「エンドポイント保護」「EDR」「脆弱性管理」「Microsoft 365向け保護機能」を、毎月の使用状況に応じて月額課金で提供する。

単一のエージェントを導入すれば、必要に応じて各機能を利用することが可能。ソリューション間でセキュリティイベントを共有し、クラウドのコンソール画面より、構成状況や脅威、脆弱性、イベントなどを一元管理できる。

同社ツールを導入することで、外部SIEMとの連携にも対応するほか、「EDR」において対応が困難なケースは、同社が支援するオプションも用意している。最低25ユーザーより導入することが可能で、価格はオープン。

(Security NEXT - 2021/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート