Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない

インターネット上のトラブルに巻き込まれた際、気軽に相談できる相手が身近に「いる」と答えたのは57%で、43%は「いない」という。

男性の方が相談相手がいない傾向が高く、55%が「いない」と答えた。「娘、息子がいる人」でも39%は相談相手が「いない」としており、子どもにも相談できない現状がある。

トラブルに巻き込まれた際の行動としては、「インターネットで調べる」が76%で最多。次いで「消費生活センターなど無料の相談窓口に相談する」が73%、「娘、息子に相談する」が43%、「友だちに相談する」が32%だった。

(Security NEXT - 2020/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず