Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩で弘前市の職員が逮捕

青森県弘前市において職員の個人情報が外部へ流出した問題で、同市職員が逮捕された。

問題とされる情報漏洩は、2019年12月12日に東奥日報へ同市職員2747人分の人事記録がメールにより送付されたもの。

職務上知り得た情報を漏洩した可能性が高いとし、同市では1月に犯人不詳のまま刑事告発。3月1日に同市職員が地方公務員法違反および偽計業務妨害の容疑で逮捕された。

職員の逮捕を受けて櫻田宏市長は、「極めて遺憾」とコメント。捜査の進展状況や事実関係、刑事処分の内容などを踏まえ、同職員を厳正に処分する方針だという。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード