Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

容疑者PCに日大アカウント91件 - 入手の経緯は不明

日本大学は、警察に逮捕された容疑者が所有するパソコンより、同大の複数メールアカウントが見つかったことを明らかにした。

同大によれば、電子決済サービスへ不正に接続したなどの疑いで逮捕された容疑者が所有するパソコンに、同大が発行したメールアドレス91件や、紐づくパスワードと見られる文字列などのデータが保存されていたもの。

2023年11月22日に文部科学省から連絡を受け、同大では問題を把握した。本誌取材に対し、逮捕された容疑者は同大の関係者ではないと説明している。

警察による捜査が進められているが、1月26日の段階で情報が流出した時期や経緯、悪用の状況といった詳細について同大では把握できていないという。

問題の判明を受け、同大は対象となるメールアドレスの所有者と連絡を取り、パスワードの変更を促した。情報が古く一部連絡が取れないケースもあり、ウェブサイトでアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2024/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市