Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ

日立ソリューションズは、組織で把握していないクラウドインフラの利用を検出したり、セキュリティ対策状況を可視化するサービスを提供開始した。

「クラウドワークロードセキュリティサービス」は、「IaaS」「PaaS」の利用状況やセキュリティ対策状況を可視化し、セキュリティガバナンスを支援するサービス。

組織として把握していないクラウドの利用を自動で検知。管理者にメールで通知するほか、利用中のサービスにおけるセキュリティ設定やOSの脆弱性対策における不備をダッシュボード上から確認できる。

ダッシュボードは業務サービス単位でアクセス権を設定でき、業務サービスや部署単位で可視化。管理する情報の機密性の高さをもとに優先度についても表示する。

年額利用料は、100リソースあたり税別で160万円。2020年3月には、クラウドセキュリティアライアンス(CSA)のセキュリティガイドラインに沿った標準的なセキュリティレベルを設定できるテンプレートを提供する予定。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放