Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ

日立ソリューションズは、組織で把握していないクラウドインフラの利用を検出したり、セキュリティ対策状況を可視化するサービスを提供開始した。

「クラウドワークロードセキュリティサービス」は、「IaaS」「PaaS」の利用状況やセキュリティ対策状況を可視化し、セキュリティガバナンスを支援するサービス。

組織として把握していないクラウドの利用を自動で検知。管理者にメールで通知するほか、利用中のサービスにおけるセキュリティ設定やOSの脆弱性対策における不備をダッシュボード上から確認できる。

ダッシュボードは業務サービス単位でアクセス権を設定でき、業務サービスや部署単位で可視化。管理する情報の機密性の高さをもとに優先度についても表示する。

年額利用料は、100リソースあたり税別で160万円。2020年3月には、クラウドセキュリティアライアンス(CSA)のセキュリティガイドラインに沿った標準的なセキュリティレベルを設定できるテンプレートを提供する予定。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション