Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市

富山市立図書館のメールサーバが不正アクセスを受け、無関係なメールの送信に使われていたことがわかった。

同市によれば、12月4日に図書館システムのメールサーバが不正アクセスを受け、第三者に宛てたメールの不正送信に利用されていたことが判明したもの。

同図書館では同日15時にメールサーバを停止。原因や影響の調査を行うとともに、メールサーバの復旧を進めている。サーバが復旧するまで、同図書館では予約案内については電話で対応している。

(Security NEXT - 2019/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大