Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム

NTTコミュニケーションズが不正アクセスを受け、一部サービスの法人顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。海外拠点経由で侵入され、サービス向けのネットワークや社内ネットワークに攻撃が横展開されたという。

同社では5月7日に社内にある「Active Directory(AD)サーバ」で5月7日に遠隔操作を試みる不正なログを把握し、不正アクセスを発見。外部に情報が流出した可能性があることを5月11日に確認した。

同社サービス「Bizホスティングエンタープライズ(BHE)」や「Enterprise Cloud1.0オプションサービス(ECL1.0)」を運用するサーバや、異なるネットワークセグメントにある社内「ADサーバ」などへ攻撃を横展開するいわゆる「ラテラルムーブメント」が行われたという。

現時点で、サービスに関する工事情報621社分が外部へ流出した可能性があることを把握しており、同社では他サーバに対する影響など調査を進めている。ただし、個人顧客の情報流出については否定した。

(Security NEXT - 2020/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大