Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム

NTTコミュニケーションズが不正アクセスを受け、一部サービスの法人顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。海外拠点経由で侵入され、サービス向けのネットワークや社内ネットワークに攻撃が横展開されたという。

同社では5月7日に社内にある「Active Directory(AD)サーバ」で5月7日に遠隔操作を試みる不正なログを把握し、不正アクセスを発見。外部に情報が流出した可能性があることを5月11日に確認した。

同社サービス「Bizホスティングエンタープライズ(BHE)」や「Enterprise Cloud1.0オプションサービス(ECL1.0)」を運用するサーバや、異なるネットワークセグメントにある社内「ADサーバ」などへ攻撃を横展開するいわゆる「ラテラルムーブメント」が行われたという。

現時点で、サービスに関する工事情報621社分が外部へ流出した可能性があることを把握しており、同社では他サーバに対する影響など調査を進めている。ただし、個人顧客の情報流出については否定した。

(Security NEXT - 2020/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明