Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる

富士通グループのクラウドサービスで利用するロードバランサが不正アクセスを受けた問題で、同社はフォレンジック調査により痕跡を確認したことを明らかにした。

5月7日に富士通のクラウドサービス「FJcloud-V」や富士通クラウドテクノロジーズの「ニフクラ」で利用する一部ロードバランサが脆弱性に対する攻撃を受けたもの。

同社は事態を公表し、証明書データなど一部顧客の通信データが窃取できる状態だったことを明らかにする一方、ロードバランサを踏み台にクラウド基盤内部へ侵入されたり、情報を外部に送信された形跡は確認されていないとしていた。

しかしその後の調査で、5月4日から同月11日にかけて復号化された通信パケットがロードバランサを通過しており、窃取が可能だったことが判明。

具体的には、「メール配信サービス(ESS)」のAPIを用いた配信メール情報やログ情報、ウェブより問い合わせや申し込みを行った顧客の情報が取得可能だった。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校