Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる

富士通グループのクラウドサービスで利用するロードバランサが不正アクセスを受けた問題で、同社はフォレンジック調査により痕跡を確認したことを明らかにした。

5月7日に富士通のクラウドサービス「FJcloud-V」や富士通クラウドテクノロジーズの「ニフクラ」で利用する一部ロードバランサが脆弱性に対する攻撃を受けたもの。

同社は事態を公表し、証明書データなど一部顧客の通信データが窃取できる状態だったことを明らかにする一方、ロードバランサを踏み台にクラウド基盤内部へ侵入されたり、情報を外部に送信された形跡は確認されていないとしていた。

しかしその後の調査で、5月4日から同月11日にかけて復号化された通信パケットがロードバランサを通過しており、窃取が可能だったことが判明。

具体的には、「メール配信サービス(ESS)」のAPIを用いた配信メール情報やログ情報、ウェブより問い合わせや申し込みを行った顧客の情報が取得可能だった。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に