Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教職員のメールアカウント2件に不正アクセス - 名大

名古屋大学は、教職員の複数メールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。メール送信の踏み台として悪用されたほか、メールでやり取りした情報が流出した可能性がある。

同大によれば、同大大学院理学研究科の教員が利用するメールアカウント2件に対し、海外のIPアドレスを発信元とする不正アクセスが行われていたことが3月に判明したもの。意図しない大量のメールを送信されたほか、サーバ上に保存されていたメールにアクセスされた可能性がある。

同月15日に大量のメール送信が確認されたケースでは、2022年12月18日に海外のIPアドレスより不正アクセスが行われたことが判明。同日より2023年3月17日までの間に、メールサーバには同大関係者135人に関する氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが記載されたメールが保存されており、第三者によってアクセスされた可能性がある。

また同月17日には別のアカウントで、意図しない大量のメール送信を確認した。2022年2月16日より3月17日、12月16日から同月26日にかけて海外のIPアドレスよりアクセスが行われていた。

メールサーバには、侵害されていた2022年2月16日から2023年3月17日までに講義受講者311人に関する氏名、学籍番号、成績など記載された添付ファイルを含むメールが保存されていた。

これらメールアカウントのパスワードが、第三者によって特定された原因はわかっておらず、引き続き調査を進めているという。同大では、問題のアカウントをロックし、パスワードを変更した。対象となる関係者に、メールや書面を通じて経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月