Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ

キンコーズ・ジャパンは、同社が管理運用するサーバがサイバー攻撃を受けたとされる問題でパートナー企業経由のアクセスだったことを明らかにした。同パートナー企業の協力のもと、詳細を調べている。

同社は、キンコーズオンラインおよび九州や中四国地区以外の直営店で扱った名刺、宛名印刷、チラシの注文に関する情報が消失したり、外部に流出した可能性があることを7月4日に公表。詳細を調べていた。

同社では、サーバのアクセス元IPアドレスを特定。パートナー企業が利用する端末より、契約する業務とは関係ない目的でアクセスが行われたものとの見方を示した。

利用された端末は1台としており、同社は同パートナー企業の協力のもと端末を回収。セキュリティ事業者がフォレンジック調査などを実施している。

アクセス元となった端末がマルウェアに感染したり、外部から侵入を受けたなど、パートナー企業以外の第三者が攻撃の踏み台として同端末を利用したり、同端末よりデータが外部へ持ち出された形跡などは見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応
「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報
静岡県委託先で個人情報が流出 - 開発会社からアクセスキーが漏洩
IR情報の配信委託先から投資家や顧客のメアドが流出 - 丹青社
特定保健指導の参加者情報が外部流出 - 伊丹市
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正
学習支援システムから学生情報が流出した可能性 - 名古屋芸大