Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」

11月も前月に引き続き多数のフィッシング攻撃が確認された。「スミッシング」の報告は前月から倍増したという。

フィッシング対策協議会によれば、11月に寄せられたフィッシングの報告件数は7760件。過去最多を更新した前月の8034件から274件減少したものの、前月に次いで過去2番目に多い規模となった。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは2087件。前月から410件減少した。2019年7月以降、2000件を上回る高い水準が続いている。一方、同月に悪用されたブランド件数は、前月から1件減少して54件だった。

11月は、「Amazon」をかたるフィッシング攻撃が目立ち、全報告の半数以上を占めた。攻撃の一部ではダイナミックDNSサービスを悪用。短時間でURLを変更していた。

「Apple」「LINE」など大手ブランドや、金融機関、クレジットカードブランドを装うケースについても引き続き報告されている。

20191205_ap_001.jpg
フィッシング報告やURLの推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2019/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに