Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」

また11月の特徴として、「ショートメッセージサービス(SMS)」を利用するフィッシング、いわゆる「スミッシング」の報告が前月から倍増。特に金融機関をかたるものが増えたという。

誘導先のフィッシングサイトで誤ってワンタイムパスワードを入力すると、振込限度額を上限まで引き上げた上で不正送金されるといった被害も報告されている。

従来より見られる宅配業者の不在通知を装ったSMSや詐欺メールの報告も引き続き寄せられており、年末にかけて配達物を受け取る機会が増えるとして、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA