Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河電機の制御機器関連ソフトに脆弱性 - 一部はサポート終了でパッチ提供なし

横河電機が提供する制御機器関連の複数アプリケーションにおいて、ファイルパスの指定に問題があり、不正なファイルを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

Windows向けに提供されている「Exaopc」「Exaplog」「Exaquantum」「Exaquantum/Batch」「Exasmoc」「Exarqe」「GA10」「InsightSuiteAE」において、実行ファイルのパス指定に問題があり、意図しない不正なファイルを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2019-6008」が判明したもの。

同脆弱性は、同社が製品の利用者へ周知することを目的にJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、報告を受けた同センターでは、米ICS-CERTや開発者との調整を実施した。

9月30日でサポートが終了する「Exasmoc」「Exarqe」を除き、同社では、アップデートやパッチを用意。脆弱性の影響などを確認した上で対策を検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性