Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ

F-Secureは、2019年上半期に観測した攻撃トラフィックの状況を取りまとめた。観測環境を拡張した影響もあるが、全体的に増加傾向にあるという。

同社が情報収集のためにワールドワイドに設置しているハニーポットの観測動向を取りまとめたもの。

2019年上半期に検知した攻撃トラフィックはあわせて約29億件。2018年下半期の8億1300万件から3倍以上に拡大した。前年同期と比較すると約12倍の規模だったという。

中国のIPアドレスを発信元とするアクセスが7億件以上にのぼった。標的となった地域は米国が2億9600万件でトップ。オーストラリア、ウクライナが続く。日本は上位10カ国に入っていない。

同社ではハニーポットの追加や検知手法の改善など実施しており、観測数の増加に影響している可能性があるが、マルウェアへ感染したIoTデバイスの増加や、脆弱性に対する攻撃、DDoS攻撃の状況から、攻撃トラフィックは増加傾向にあると同社は分析している。

20190919_fs_001.jpg
ハニーポットに対する攻撃件数の推移(グラフ:F-Secure)

(Security NEXT - 2019/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も