Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate

プログラミング学習サービスを提供するProgateは、同社システムのソースコードを管理するGitHubの同社アカウントが不正アクセスを受け、ソースコードの一部が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月6日に同社システムのソースコードを管理するGitHubのアカウントに対する不正アクセスを確認したもの。ソースコードの一部を第三者によって閲覧された可能性があるという。

同社では、流出の可能性があるソースコードによって、ユーザーに不利益が生じないよう対策を講じたと説明。ユーザーの個人情報流出についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
メルアカに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ホテル運営会社
野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も