Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate

プログラミング学習サービスを提供するProgateは、同社システムのソースコードを管理するGitHubの同社アカウントが不正アクセスを受け、ソースコードの一部が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月6日に同社システムのソースコードを管理するGitHubのアカウントに対する不正アクセスを確認したもの。ソースコードの一部を第三者によって閲覧された可能性があるという。

同社では、流出の可能性があるソースコードによって、ユーザーに不利益が生じないよう対策を講じたと説明。ユーザーの個人情報流出についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「LINE」にプロフ画像変更される脆弱性 - ゼロデイ攻撃被害も、利用者に確認呼びかけ
不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー
クレカ明細「Vpassアプリ」にPWリスト攻撃 - 約1.6万件がログイン許す
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知