Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開

市立吹田市民病院は、患者の個人情報が掲載されたファイルを、約17日間にわたりウェブサイト上で誤って公開していたことを明らかにした。

同院によれば、8月1日9時から同月18日13時ごろにかけて、同院のウェブサイトから患者の個人情報7167人分が閲覧できる状態だった。

病院運営に関する指標をサイトで公開した際、そのうちの1項目である診療計画書適用率の算出に使用した患者の氏名や性別、年齢、診療科の名称、入退院日、クリニカルパス名称などが含まれていた。

同院では、サイト上でデータを公開する際にPDFを用いているが、表計算ファイルのまま誤って公開してしまったという。

同院では、誤って公開したファイルを閲覧できないよう削除した。対象となる患者には謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
貯金者情報1.7万件含む資料をネット上に誤公開 - JA横浜
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県