Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開

市立吹田市民病院は、患者の個人情報が掲載されたファイルを、約17日間にわたりウェブサイト上で誤って公開していたことを明らかにした。

同院によれば、8月1日9時から同月18日13時ごろにかけて、同院のウェブサイトから患者の個人情報7167人分が閲覧できる状態だった。

病院運営に関する指標をサイトで公開した際、そのうちの1項目である診療計画書適用率の算出に使用した患者の氏名や性別、年齢、診療科の名称、入退院日、クリニカルパス名称などが含まれていた。

同院では、サイト上でデータを公開する際にPDFを用いているが、表計算ファイルのまま誤って公開してしまったという。

同院では、誤って公開したファイルを閲覧できないよう削除した。対象となる患者には謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に