Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし

プロバスケットボールクラブチームの千葉ジェッツふなばしは、B.LEAGUEのシステムに不具合があり、メールマガジンが本来とは異なる送信先へ配信され、同クラブ会員の氏名やIDなどが流出したことを明らかにした。

同クラブによれば、8月26日16時ごろに同クラブ会員向けに送信しようとしたメールにおいて誤送信が発生したもの。

同クラブ会員2770人に送信するところ、関係ないB.LEAGUE会員に対して送信された。本来の送信先であった同クラブ会員の氏名やIDが表示された状態だったという。

同クラブでは、所属するB.LEAGUEのファンクラブ管理システムよりメールマガジンを配信しており、同システムで管理されている他クラブ会員の情報などは所有せず、本来利用もできないが、7月1日に仕様が変更された同システムを利用したところ、誤送信が発生した。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
商品不足知らせる謝罪メールを誤送信 - FM東京子会社
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
テストメールで誤送信、生徒保護者のメアド流出 - 郡山市
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市