Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市

大阪市は、幼稚園や保育園など民間の就学前教育保育施設運営事業者へメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、4月12日に2024年度の募集について案内するメールを事業者宛てに送信した際、誤ってメールアドレスを宛先や「CC」に設定するミスがあったという。

事業者のメールアドレス381件と市職員のメールアドレス9件が、受信者間で閲覧できる状態となった。

4月23日にメールを受信した事業者から指摘があり、問題が判明。同市では、対象となる事業者に経緯を説明するとともに謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2024/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース