Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市

愛知県豊田市は、豊田市文化振興財団においてメールの送信ミスがあり、事業申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、4月13日18時半ごろ、文化振興財団の職員が事業の申込者34人に対し、応募受付の完了を通知するメールを送信した際、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったもの。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

送信から約15分後にメールの受信者から連絡があり問題が判明。翌14日に対象となる申込者へ電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2024/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを