Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社

イベントの企画、制作を手がけるアットワークスプロジェクトは、金融機関から郵送されたチケットの払込票控えを紛失したことを明らかにした。

同社によれば、7月8日から13日までに入金を受け付けた先行販売チケットの払込取扱票控えが所在不明になっているもの。顧客の氏名、住所、電話番号などが記載されている。

金融機関の発送後、16日に紛失していることが判明した。担当者が不在だった7月8日から14日までの間に届いていたと見られる。

同社は盗難の可能性があるとして警察へ被害届を提出した。本誌取材に対し、被害に遭った具体的な件数や、盗難の可能性があると判断した理由など、コメントを避けている。

同社では、紛失した払込票控えの再発行を金融機関に依頼。支払いの記録はのこっており、チケットの発送に支障はないという。また対象となる顧客に、説明と謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院