Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る

NTTドコモは、SMSを使ったフィッシング攻撃である「スミッシング」の報告を受けているとして注意を呼びかけた。

同社やNTTを装い、「高額な料金の発生」や「不正利用の検知」といった口実でフィッシング詐欺サイトへ誘導する悪質なメッセージが送信されているという。

誘導先のフィッシングサイトでは、「dアカウント」のIDやパスワード、暗証番号、クレジットカード情報などを詐取しようとするケースが確認されている。

同社によれば、問題のメッセージでは、プラス記号ではじまる電話番号が発信元となっているケースが多く、具体例として「+85999999999」を挙げた。同社の公式SMSでは、送信元に電話番号を表示することはないと説明している。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加